モテる男 付き合ってることを隠す

彼が付き合ってることを隠す理由

 

モテるタイプの彼があなたと付き合ってることを隠したがる・・・

 

「遊ばれてるだけかも・・・」
「本命じゃないのかも・・・」
『本当は彼女が他にいるのかも・・・」

 

こんな不安を抱えてしまうことがあります。

 

 

隠す=愛されてない

 

こんな短絡な記事を書く自称恋愛ライターがいますが、
そんな単純なものじゃありません。

 

 

モテる男=遊ばれる

 

なんていう単純な図式ではありません。

 

 

モテる男はモテるがゆえの悩みがあります。

 

本当にモテる男は彼女を大事にするからモテるのです。

 

 

彼女が嫉妬されて攻撃されることがある

 

人気マンガの「君に届け」の中で、爽子が風早君と仲良くなっただけで嫉妬して
噂を流して妨害しようとした事件がありました。

 

漫画だと他人事みたいに思えますが、こういうことは実際にあります。

 

(私は個人的に同じことを体験しているので、リアリティーありすぎです)

 

 

モテる男に好意を持たれただけでイジメの対象になることが大人になってからもあります。

 

普段は仲良い顔をしながら、嫉妬で手の平を返す輩もいるのです。

 

彼が話したこともないような女から嫌がらせをされることや、
ありもしない噂を流して彼女を攻撃することもあります。

 

これはモテない男が彼女ができたときにはないことです。

 

モテる男の彼女は嫉妬されて攻撃されることがあります。

 

それも思いもかけない相手だったりします。

 

普段仲良しの女友達が嫉妬で2人の関係をぶち壊しにかかることもあります。

 

 

私の個人的な体験です。

 

10年以上前のことです。

 

2人組の女の子と知り合ってそのうちの1人がすごくタイプだったので、
グイグイ押して付き合いました。

 

しばらくすると、彼女の束縛がひどくなってきました。

 

決まって金曜になると、「どこで何をしてるのか?」「メールの返事が遅いと女と遊んでる」と言われるようになりました。

 

私は当時、IT企業で働いていて、金曜日は大体

 

終電→松屋orラーメン屋→帰宅

 

というコースでした。

 

電車で1時間以上かけて通勤です。

 

 

 

「おかしいな?」と思っていたら、2人組のもう1人の子が

 

「あいつ、金曜日どこそこのクラブにいたよ」
「女連れてたよ」

 

などと、彼女に吹き込んでいたことがわかりました。

 

 

 

私は1人でいたので、証明できる人はいません。
そうなると疑われたら、「違う」と言っても、友達が見たと言い張る以上は付き合うの長い方を信じてしまいます。

 

疑惑は晴らすことは困難です。
まさか友達がそんなことを吹き込むなどとは想像すらもしてなかったのです。

 

そのせいで、彼女は私に対して疑心暗鬼になり、常に浮気を疑うようになりました。

 

毎日、帰りは遅いし、終電でヨレヨレなのに浮気する余裕なんてないにも関わらずです。

 

結局、その女友達の吹き込みが原因で別れることになりました。

 

 

あとで、吹き込みをした女友だちにバッタリ会ったときに

 

「最初は、アタシの方が気に入ってたんだ?」

 

みたいなことを言われて、ブチ切れそうでした。

 

 

友達の顔してよくこんなことができるなと。

 

 

他にはジムで私が仲良かっただけの女性を突然ガン無視し始める輩がいることもあります。

 

付き合ってるわけでもない相手にすら嫉妬から攻撃する人間もいます。

 

 

私以上のモテ男の友達は告白されて振った女から、彼女へ執拗な攻撃をされたことがあります。

 

自分の彼女となれば、うかつに知られて嫉妬まがいの攻撃などされたくはありません。

 

 

周りに隠すのはつまらない嫉妬で傷つくことから守るためです。

 

決して、遊びで付き合ってるから隠すわけではありません。

 

うかつに付き合ってることを周りに知られると、何かする輩もいるのです。
そういうことをされてしまうほどの男は実際にいるのです。

 

職場恋愛なら嫌がらせを避けたい

彼がもし職場の同僚でかなりモテるタイプなら、下手に周りに公表することは避けた方がいいです。

 

嫉妬に狂う女は何をするかわかりません。

 

彼の意中の女にありもしないことを吹き込んだり、噂を流したりして妨害なんてザラです。

 

 

「そんな事件になるほどの男がいるのか?」と実感がない人もいるでしょうが、
そういう男は実在します。

 

嫉妬に狂う女は彼女の方に攻撃を向けるのです。

 

自分を磨くこともせず、彼に思いを告げることもできない臆病さを棚に上げて、
自分の欲しかったものを手に入れた女を妬み攻撃します。

 

職場で無視やいじめが突然始まる理由に恋愛絡みのことがよくあります。

 

 

まさに「君に届け」の風早くんと爽子が付き合うことになったあとの出来事と同じです。

 

「こんな女があたしの好きな男と付き合うなんて!」

 

と下に見ていたのなら、なおさら嫉妬に狂います。

 

 

そんな女たちが大事な彼女を傷つけることをさせるのを阻止したいのです。

 

嫉妬に狂った女たちは連合組んだり、やることがエゲツないのです。

 

中学高校から社会人になってもそういうことをする輩は必ずいます。

 

 

そういう面倒なことで大事な彼女を傷つけられたくありません。
だからこそ、職場ではバレないようにしているモテ男がいるのです。

 

大事だからこそ秘密にしたい

 

堂々と公表すればいいじゃん!
そっちの方が男らしい!

 

なんて簡単に言ってくれる女子もいます。

 

誰もうらやましいと思わない男なら、別にやってもいいでしょう。
それほど影響はないです。

 

 

しかし、モテるいい男の彼女になるということは、少ならかず嫉妬は受けます。
攻撃対象になることもあります。

 

公表して堂々としたところで嫉妬で攻撃する輩が沈黙するわけではありません。

 

「彼女を傷つけたら絶対に許さん!」

 

と宣言したところで、彼女に攻撃するやつはしてくるもんです。

 

 

大事な彼女を意味もなく、傷つけるやつは傷つけてくる。
それをやられて幸せを感じろというのは無茶でしょう。

 

そもそも、執拗な攻撃やいじめされて耐えられます?
自分は絶対平気!というならいいでしょうけど、彼はイヤでしょうね。

 

 

 

モテる男は嫉妬に狂う女の陰湿さもわかってるからこそ、秘密にしたいのです。

 

傷つきやすいタイプの彼女なら、なおさら自分のせいで傷つけられたくないと思います。

 

 

いらぬ妨害などされたくないから、秘密にしたいという気持ちです。

 

 

大事にしてないと短絡に判断しないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク








モテ子プロジェクト公式LINE


友だち追加


恋愛相談や「こういうこと書いてほしい」というリクエストがあれば、つぶやいてもらえるとうれしいです。





関連ページ

モテる男を彼氏にしたいなら、絶対知っておくべきポイント
モテる男を彼氏にするには、「彼氏を作る方法」ではなく、モテる男の心理とライバルたちが自爆するパターンを知ること。