いい男にモテる女のデートの心得

いい男にモテる女のデートの心得

今日はいい男にモテる女のデートの心得をお伝えします。

 

何も難しいことではありません。

 

いたってシンプルで簡単です。

 

 

それは・・・

 

 

 

「デートの費用を男に払わせないつもりでいる」

 

 

 

ただこれだけです。

 

 

 

「男がおごってくれるもんでしょ〜!」

 

「夜遅いんだからタクシー代ぐらいだしてよね!」

 

 

 

こんな態度をする女は嫌われて次はありません。

 

 

 

いい男の友達にでもボロクソ言われて出会いを失います。

 

 

 

食事のときも常に自分の分の勘定は自分で払うつもりでいる女の方がモテます。

 

それで嫌われたなんてことはまずないです。

 

 

もし男が「払わなくていいよ」って言ってくれたときだけ

 

素直に「ありがとう」と言えばいいのです。

 

 

 

特に最初のデートで食事に行って財布を出さなかったせいで

 

次につながらなかった人の話をうんざりするほど聞いてます。

 

 

デートして、財布を出さない女って男から見ると

 

「男の財布が目当て」みたいでイヤなんです。

 

 

私も最初のデートのとき、そこはよく見ています。

 

 

財布を出さない女はいい女はいないと言ってもいいぐらい高確率で女の真意を見抜きますよ。

 

 

お金を出せなんていうオーラ出してる女は間違いなく性格悪いですから。

 

付き合っても、ストレスがたまるだけです。

 

 

 

だからパスです。

おごってもらって当たり前な女をカマかけて見抜く男もいる

 

 

あるモテるいい男が言ってましたが、

 

 

「最初と2回目のデートはビタ一文おごらない」

 

「そうすることで見極めるんだ。おごらないことを不満に出すような女はロクな女じゃない」

 

 

こうしているそうです。

 

 

理由は「お金を出してるうちはその女の本性が見えないから」だと。

 

 

ん〜、怖いですね。

 

 

 

でもね、いい男は自分に気のある女には警戒するんですよ。

 

 

 

その中にお財布目当ての女もいるから。
自分だけが楽しい恋愛をしたい女がいるから。

 

 

 

そんな女に引っかからないように注意深く見てるってことなんです。

 

 

女だって、遊び人の男につかまらないようにしているのと同じですよね。

 

 

 

男にもこういう目線をしていることを知らないのは痛いことです。

 

 

恋人にしたいのはおごってもらう気マンマンのごっつあん女じゃない

 

 

おごれって言うのは自分が恋人にしたいほどのイイ女アピールにはならない。

 

 

この基本を忘れて、おごるおごらないの議論で突っかかるのは見当違いです。

 

 


スポンサードリンク








モテ子プロジェクト公式LINE


友だち追加


恋愛相談や「こういうこと書いてほしい」というリクエストがあれば、つぶやいてもらえるとうれしいです。





関連ページ

ごっつぁん女は嫌われるだけ
男心をつかむ恋愛の極意でいい男に愛される女性に変身させます。
疲れ切った状態なら、デートしない方がいいメリット