マインド

モテ子の待つと非モテ子の受け身の待ちは違う

単なる受け身と待つは違うという話です。

 

最近よく思うことは「彼氏=自分を楽させてくれる人」という傾向が強いです。

 

楽=自分に都合よくしてくれる

 

ということです。

 

彼氏欲しいと言いながら、肝心なところで受け身になって自分から何もしない人が多いんです。

 

婚活ブームと言われて、いろんな婚活サービスやアプリなどもありますが、

 

日常で出会いすらないばかりか、相手にもされない人はやっぱりそれなりに理由があります。

 

「理由なき、非モテはなし」です。

 

モテない度=行動しない度

 

と言っても、言い過ぎじゃないぐらい当たりな傾向です。

 

合コンに参加した→でも、相手に盛り上げや話やすい状況を作ってくれるのを待ってるだけ

 

 

出会える場に参加した→でも、いつもの仲間内で固まってただけで、自分から何もしなかった

 

婚活アプリ使った→でも、相手から何かしてくれるのをずっと待ってた

 

「男の方からリードしてほしい」という言葉は『都合のいい免罪符』でしかないです。

この言葉を発すれば、自分を何でも正当化できる雰囲気になります。

 

男は何もメンタルが「マグロ」な女を求めてるわけではないです。

 

ましていいオトコレベルなら、マグロなほど避けられるもんです。

 

マグロ状態な受け身女子はいくらでもいますからね。

私はウケミン女子と呼んでいます。

 

外見が芸能人っぽくかわいいなら、寄ってくる男はいるでしょう。

 

しかし、それも年齢を重ねれば徐々に中身チェックが入るので、

通用するのは若いうちと、ヤりたいだけの男のみです。

 

草食系とか肉食系とか言われますが、そもそもこの発想自体「男が悪い」的な一方的な見方でしかないです。

 

ガツガツしてないから草食系とか言われても、

 

「別に追いかけてみたいほどの女子がいない」

 

というだけのことはザラにあります。

 

自分のルックスがいいことに自信たっぷりな女子がいまして、中身はかなり残念な感じです。

 

あるとき

 

「なんで(このカワイイアタシを)口説いてこないの?」と言われたことがあります。

 

「なんで口説かないといけないわけ?(お前性格悪いし、さらさらその気ないんだけど)」

「えー!草食系なの??キモーイ」

 

って言われましたw

 

自分カワイイからと自信過剰に思ってるから、わかってないわけです。

 

自分のルックスがいいから寄ってくるのに自信は持っているようですが、

肝心なところが抜け落ちているわけです。

 

だから、彼氏ができにくいわけです。(彼氏いない歴5年超え)

 

その間、遊びの男はいくらかいたようですが。

 

人間関係は目に見えない法則があります。

 

大事にされる人は大事にされる法則を知っていて実践してるだけ。

 

大事にされない人はその法則を無視して、好き勝手やってるか受け身なだけ。

恋愛も同じです。

 

モテる人はモテるだけのことを何かしらやっている。

モテない人はただ自分にいい人が現れるのを待ってるだけ。

 

婚活アプリでも、出会いの場でもいつまでもただ与えてくれる人が自分に声をかけてくれるのを待ってるだけ。

 

だから、無駄にしかならないです。

 

相手に何かを与える人が最終的には選ばれる人です。

 

私の周りにいる愛され嫁は全員共通してモテない人はいません。

 

「こりゃあモテるわけだ」と納得の人ばかり。

モテない人も納得の人ばかり。

 

本当は自分がウケミンになって何もしてないってことに気づくのがどれだけ早いか?

 

そこから行動を起こして自分を変えるか?

恋愛で変化をつけるにはウケミンではだめです。

 

行動を起こした上で待つべきところで待つというのが本当の「待つ」の意味です。

 

やるべきことをやっていない「待つ」はただの受け身でサボってるだけです。

 

モテ子と非モテ子の違いの差はここが決定的なのです。

 

 

-マインド
-, ,

© 2020 女性向け恋愛講座 モテ子プロジェクト