モテ子のデートの心得

おごってもらって当たり前の「ごっつぁん女」は嫌われるだけ

「女性はおごってもらって当たり前」
この価値観ってどこからきていると思いますか?
30代40代にはこの考えの持ち主の人口が多いですが、今の20代にもいます。

  
これってバブル世代の名残です。

  
楽なバイトで軽く日給1万なんてできた時代です。

  
何かにつけてお金を使いましょうっていう時代です。

  
豪華なデートプランなんてものの先がけもバブル時代です。

  
広告代理店がしかけたイメージもあります。

  
知ってましたか?
「おごってもらって当たり前と思っている」
こういう『ごっつぁん女』が生まれたのも結構メディアとか風潮で作られた価値観であるということに
気付いている人は意外と少ないものです。

  

ごっつあん女は婚活してもスルーされるだけ

30代で婚活しても結婚できない人にはこういうごっつぁん女が少なくありません。

  
前に、「デートのときは出してもらうつもりでいるな」ということを言いましたが、
これも賛否両論あることは最初から想定済みです。

  
勘違いしている人もいるようですが、全く100%何でもキッチリ割り勘するとか、
絶対におごらないとかそういうことを言っているのではありません。

  
年齢が違いが大きいからとか、同世代だからってこともありません。

  
本命の女性に対してもとかいうことでもありません。

  
最初の1,2回のデートでもう付き合うかどうかを完全に決めてしまっているなどということは必ずしも絶対ではないからです。

  
おごって喜んでくれるなら気持ちいいです。

  
女性であれ、後輩であれ同じことです。

  
ただ、払う気もないのに、お勘定でとりあえず財布を出してみるなんてものがマナーとか言ってる人。

  
フリもスマートではありません。

  
態度見てればバレます。

  
心に「おごってもらって当然でしょ?」なんて思ってる女にわざとおごらなければ、その性格の悪さを見ることができます。

  
年齢に違いがあってもイヤです。

  
そういう女って。

  
現に30代男性諸君にもそういう年下女子は不評であることは事実です。

  
そして、おごってもらうことが好きなだけの迷惑ごっつぁん女も見抜けます。

  

ごっつぁん女はワガママで要求が多いから、振られやすい

「女性はおごってもらって当たり前」
「女性にはおごって当たり前」
そう思ってる女は他にも要求や注文が多い場合が少なくありません。

  
私個人の経験からもギブミー女に多いのこの手ですね。

  
ましてごっつぁん女は女の立場を都合よく振り回すし、
相当理不尽だってことも平成のモテる男子諸君はよーく知ってます。

  
男も知恵をつけてるわけです。

  
「女はメイクや服装にお金がかかってるから男が負担すべき!」
「ヒールのある靴履いてんだから、車で送り迎えは当たり前」
「男は、女にご馳走してあげるだけでうれしいって思ってる」
とか、他には
「おごらない男は度量がないと思う」
「おごらないなんて器が小さいよ」
「最初のデートなのにおごらないと次はない」
とか、女の都合だけの理論振りかざしたところで、いい人が見つかるかどうかはまるで関係がないです。

  
それは女側の解釈でしかなく、男の真意とは別です。

  
モテる男ほど寄ってくる女も多い。

  
誰でもいいわけじゃない。

  
だから、言い方は悪いけど、ふるいにかけるわけです。

  
冷静に相手を見るために。

  
ある社長さんが言いました。

  
「女を見るには豪華なデートして、食事をごちそうしてもその真の姿は見えない」
だからあえて、普通のところに連れて行き、冷静に相手を見るそうです。

  
社長だからきっと豪華なところに連れてってくれるはず!
なんて思っていると面喰らうか、それに不満さえ出すわけです。

  
普段行けないところに連れて行っても、余計に仮面をつけられてわからなくなります。

  
何事も学ぶことでもそうですが、個人的な価値観とか感情とかを超えたところに何かをつかめる方法は存在します。

  
「自分の価値観に都合がいいか?」
「自分の感情に都合がいいか?」
それだけしかない人が結婚できないで焦って騒いでます。

  
今の男子は女性を対等に扱おうという風潮の社会で生きています。

  
ある意味女性に対して現実的に見ています。

  
そういう男子を相手に、今までの『女性本位の主張』ってやつを続けたところで通用しますか?
私もバブルの価値観が正しいって教えられてきました。

  
「女性にはおごるもんだ」
と思って、なるべくおごるようにはしました。

  
でも、イイ女は少なかったです。

  
わがままで要求ばかり多い、自分のレベルもわきまえないワガママ女ばっかりで嫌になりました。

  
速攻で振った女もいます。

  
疲れましたし、時間もお金も無駄です。

  
あるときに「おごらないであえて見極めろ」っていうことを知り、実践すると、性格のいい子に多く会いました。

  
最初は嫌われると思って尻込みしましたが、やってみると結果は上々です。

  
そういう子って気持ちよくおごってあげたくなりますね。

  
おごらなくちゃ!という気前のよさを形だけ見せずにすみ、気も楽になりました。

  
気持ちのいい子におごってあげれてとても気持ちがいいものです。

  
もうひとつ重要なことがあります。

  
自腹を切るつもりでデートにくる人間
最初からおごってもらう気満々の人間
どちらが恋愛から学び成長するでしょうか?
人間タダで何でもしてもらえると思っている人間は何も学ばないし、成長しないものです。

  
自腹切って学ぼうとする人ほど成長は早いものです。

  
私は英語の学び方も教えていますが、自腹切らない人で成功した人はいません。

  
どんな分野でも同じです。

  
違いますか?
自分の価値観とか感情を超えたものを知ることで結果を出す。

  
これは恋愛でも同じです。

  
もはやおごることそのものに自分にとっての価値観とやらを絶対化する。

  
おごってもらうことが都合いいからと、都合のいいことだけを期待ばかりする人間になれば、痛手をこうむるのは自分です。

  
最初から大きな期待をするのは自分の都合でしかない。

  
そのことに気付くか気付かないか。

  
女性の悪いくせは相手が自分の好きな行動をしてくれたことが
自分の解釈に合っていると勝手に思い込むクセが強いことです。

  
おごってもらって当然と思っている人間の攻略法など、すでにプレイボーイたちは心得ています。

  
いい男がいないと思い込んで不満を抱えていることぐらいとっくにわかりきっているので、その攻略などいとも簡単にやってのけます。

  
自分の価値観や感情の先にあるものを見ようとするかしないか。

  これからの時代の恋愛戦場で生き残るかどうかが決まります。

  
自分の責任と覚悟ってやつを決めきれないで「女」という武器を都合よく振りましてもモテなくなる時代は近いです。

  
ここまでの話を聞いても、
「私はそういうおごらない男なんて相手にしない!」
なんて言い張る人もいるでしょう。

  
それはそれでいいでしょう。

  
誰も困りませんから。

  
その他大勢と同じで付き合う理由などないって突っぱねられてしまうことも多くなることでしょう。

  
そんな女にはおごりたくないのが男の気持ちです。

  
気持ちよくお金を出すことができない女にはおごる価値などない。

  
ここがわかってないごっつぁん女が「おごってもらって当たり前」とかいう理屈を振りかざすのです。

  
そんな女は今の時代はもはや恋愛では雑魚です。

  
自分のデート代は自分で出すつもりでいて、かわいくて仕事もできて、性格もいいという揃った子もいます。

  
「おごってもらって当たり前」のごっつぁん論者でそんな子に魅力で勝てますか?

白か黒でしか考えられない短絡思考で幸せにはなれない

「おごるのが当たり前でそれが男のよさ」
「おごらないのはダメ男だ」
白か黒かでしか考えられないゼロか1かの思考で幸せになれれば楽なもんです。

  
それでしか男を理解できないのなら、どっちが器が小さいでしょうか???
それにごっつぁん女のままで相手に期待をかけまくるなら、それなりに相手も相当の期待をかけてくることを覚悟する必要があります。

  
それで幸せかどうかも別物です。

  
恋愛もギブアンドテイクです。

  
テイクを全面に押し出すなら、悪い結果というギブが返ってくるものです。

  
世の中は自分の価値観というものや感情を超えた力が働いています。

  
それを意識しているかしないかの差は大きいものです。

  
出してくれる人の気持ちをリスペクトできずに当然って顔してる女が嫌いのです。

  
そんな人間にはおごる気失せます。

  
気持ちよくお金払ってもいいと思ってもらえるだけのことをしてないのに
おごって当然と言うのはただの傲慢です。

  

-モテ子のデートの心得
-

© 2020 女性向け恋愛講座 モテ子プロジェクト