モテない女の特徴

なぜ「性格がいい」と言われるのに彼氏ができないのか?大きく3つのパターンに分けられます。

人しての良さは長期的に見てプラスです。

  
人間性がいいということは人間関係では絶大なパワーがあります。

  
複数の人間に同じように「性格がいい」と認められているなら、
それは際立っています。

  
恋愛関係を維持する方では絶対必須です。

  
性格がいいということは一緒にいたいと思われる確実な強みになります。

  
恋愛関係になるまでの段階では
「性格がいいと思われる=彼女にしたい」
という思考にはなりません。

  
男心として好きになった女子が性格がいいのは嬉しいです。

  
ただし、「女として好き」が大前提になります。

  
彼氏ができるのは
女としての魅力X人としての魅力
の掛け算です。

  
性格に難があっても、外見がいいと彼氏ができやすい傾向にあります。

  
女としての魅力(外見のパワー)は人しての魅力(性格などの内面)より強いです。

  
女として見られていなければ、「性格がいい」だけでは彼女にしたいアピールとしては弱くなります。

  
好きになった女が性格がよかったら、「この子と付き合ってよかったわ−」という気持ちになります。

  
性格がいいというのは「付き合いが始まってからパワーを発揮する」ものと覚えておいてください。

  
ここからは「性格がいい」と言われる女子が陥りがちな傾向を解説していきます。

  

性格がいいのに彼氏ができない3パターン

  1. 気を使いすぎ系女子
  2. 彼氏がいると思われてる系女子
  3. 女を感じない系女子

このどれかがよくありがちです。

  

気を使い過ぎ系女子

気を使い過ぎてやさしい人になってないか?

「あの子、いい子だよね?」と言われる女子の中には「気を使い過ぎ」と見える部分があります。

  
本人には普通で当たり前なので疑問には思いません。

  
ただ、気を使い過ぎる理由の1つに
「嫌われるのが猛烈に恐い」
という心理があります。

  
「嫌われる=自分がダメなんだ」という解釈になって、嫌われてしまうと猛烈に落ち込みます。

  
それが異性か同性は関係ありません。

  
とにかく「嫌い」と思われることが何よりも恐いということです。

  
しかも無意識なので自覚してないことがよくあります。

  
だからこそ、普通の接し方が結構踏み込んだことを言わない(当たり障りがなく無難)傾向になりがちです。

  
仲良いように見えても、お互いに突っ込んだことはあまり話さないという関係だったりします。

  
仲良いように見えて、実は本音で何もしゃべってないということがよくあります。

  
大人の対応的なことをしてれば、まず嫌われることはありません。

  
本心が見えにくいがゆえに関係が発展しません。

  
過去に嫌われた経験をしたときに大きなダメージを負った場合に
やたら「性格がいい人」になりがちです。

  
「嫌われるのは怖くないけど」というタイプもいますが、
空気を読みすぎて「無難」になっているのは変わりません。

  

誰にでも優しいは女としてのアピールにはなってない

誰にでも優しいは女としてのアピールにはなってないということです。

  
仮に好きな人がいたとします。

  
他の人と同じような対応だったら、
誰にでも同じなので当たり障りがない→別におれのことどうとも思ってないな
という気持ちになります。

  
本当はいいなと思っていながら、
「自信がない」
「嫌われたらどうしよう」
などと思って、終始当たり障りがない無難な対応してることがよくあります。

  
好かれるよりも「嫌われない」方が強くなっているとこうなりがちです。

  
あとで本音を聞いて
「えー!あの普通の対応してたのに、マジで好きだったん!?」
なんてことがよくありました。

  
全然わからなかったのです笑
波風が立たない=何も起きない
ということです。

  

彼氏がいると思われている系女子

「あんないい子だから彼氏いるだろうな」と諦められているということです。

  
「性格がいい子だから、彼氏いそうだな」と思われていると男性からのアプローチはめっきり減ります。

  
「口説いちゃいけないよね」となるわけです。

  
そうなってしまうと、本当は彼氏がいなかったとしても何もしてこないことがあります。

  
「彼氏いない」ということをちゃんとお知らせする必要があります笑
彼氏ほしいなら欲しいとちゃんと言っておきましょう。

  

女を感じない系女子

「女」を出せない

性格がいい子の中には「女」を見せてないということがよくあります。

  
「人として」の部分を出すことが多くて、女が見えない。

  
これが男心を動かせない理由になっています。

  
女を出すこと=嫌われると思っている or 女として自信がない
どちらかのパターンが多いです。

  
気になってる男性にグイッとモーションかけると
「あいつ色目使ってる」
なんて悪口を言われるのが恐くてできない人もいます。

  
それで無難にしているだけというものもあります。

  
好きな人にやってしまって嫌われたらどうしようとか考えています。

  
ただ待っているだけで口説かれるほどの美貌の持ち主なら、それでいいでしょう。

  
待っているだけで何も起きないのなら、自分から動く必要があります。

  
ご飯行こうぐらいの誘いをしても反応を見るぐらいの心づもりがいります。

  
相手の気持ちなんて言ってみなければわからないものです。

  
自分の中で悶々と考え続けても、相手の本心とはズレてることがよくあります。

  

女として見られてない

これ、女子校生、女子大生によくあります。

  
社会人の大人でも無頓着という人はよくいます。

  
服装と髪型は無難で変じゃないけど、なんかモッサい感じです。

  
なんか中性的で女を感じる要素が全くないと言っていいです。

  
何も思わない=女として何も感じてない
ということになります。

  
自分でおしゃれしてるつもりでもウケが悪いのなら、変える必要ありです。

  
「彼氏できないんです。

  どうしたらいいですか?」→「あ、ないわ笑」
という髪型と服装してます。

  
高校の頃はちっともモテなかったのに、大学入った途端にモテモテになるという女子もいます。

  
これは髪型と服装が一気に垢抜けた効果が高いからです。

  
急にモテ期到来なんてことはあります。

  
大学ではなく、社会人になってからという人もいます。

  
これも髪型や服装が洗練されていった効果です。

  
性格いいけど、服装が痛いというだけで彼女候補から外されることはよくあります。

  
一緒に歩くと恥ずかしいからです。

  

性格がいいけど、なぜかモテてないのは「女」を意識させてない

まとめると

  1. 無難になりすぎ
  2. 本心がわからない
  3. 女が見えない

という3点が大きく原因として考えられます。

  
3つ全部当てはまるという人も中にはいます。

  
彼氏がいると思われている場合は単に誤解されているだけなので、
それはただ彼氏いないというのを伝えればいいだけです。

  
性格がいいというのは「付き合ったあとでは武器」です。

  
ただし、「恐い」からで無難になった結果、「性格がいい」と思われているのは
ただのいい人を演じているに過ぎません。

  
「彼氏がほしい」
「幸せな恋愛をしたい」
そういう欲求は当然誰しも持ってます。

  
嫌われるのが怖くて「性格がいい人」になってる人に知っておいてほしいのは
自分の望むものを求めたときに誰にも嫌われないなんてことはありえません。

  
嫌われることは必ず起きます。

  
どんないい人でもです。

  
嫌われる=あなたの人間性がダメ
だとは思わないでください。

  
嫉妬やくだらない理由で嫌う人間だっているのです。

  
気にする必要なし。

  
女を見せられてなかったなという人。

  
服装や髪型から変えてみるというのがてっとり早いです。

  
髪型一つでかわいさが全然違うものになることはよくあります。

  
自分の外見をよくすることは女を見せる上で単純でわかりやすいアピールです。

  
自分に当てはまったことから改善すれば、反応は変わってきます。

  
無難過ぎて敬遠されてるか
女を感じないか
どっちかのタイプが多くあるので、自分をチェックしてみてください。

  
男友達の意見、同級生のズバッと指摘してくれることにヒントがありますよ。

  

本尾読 アイバス出版 2017-05-26
売り上げランキング : 1140776

-モテない女の特徴
-, , ,

© 2020 女性向け恋愛講座 モテ子プロジェクト