モテない女の特徴

なぜ婚活をしなければならないのか?

よく婚活してる人間に
「男が頼りなくなったから、女ががんばって婚活しなければいけないだ」
という論理を展開してる人がよくいます。

  
そもそも結婚してもらいたいほどの女ならば、このセリフを吐く前に
「結婚してくれって言う男が多くて困ってる」
というモテない人からすれば,上から目線にも聞こえる状態になってるわけです。

  
ここ最近にきてなぜ婚活がブームになったか?
その一つの原因は私はこう分析してます。

  
「自意識が大きくなって、自分だけの快適を求める人間が多くなったから」
つまり、自分だけの都合しか考えないような人間ばかり増えてるからとも言えます。

  
実際、婚活組を見てみました。

  
「結婚対象=自分がどれだけおいしい思いできるかどうか」
こういう目線しかないわけです。

  
自分以外の人には興味がないし、自分のことだけしか考えてない。

  
「ものじゃねえよ!」(ハリセンボンの春菜風)と言いたい男子は多いことでしょう。

  
興味があるのは自分がどんだけおいしい思いできるかどうか?
モテない人ほど、そういう態度の人が多くいます。

  
人の気持ちのわからない人が結婚できないで婚活してるだけに過ぎません。

  

結婚したいと全く思われないのならば、「この人と結婚なんてしたくないから避けられてる」っていうだけの話。

  
もし、そうじゃなければ、彼氏ができないなんてことすらないでしょう。

  
もう結婚してくれと言われて、結婚してるはずです。

  
「男が悪い」
という他力本願、責任転嫁型の人はこのことに気付くことはないでしょう。

  
自分の意識が人に向いてないで自分ばっかり
=自意識過剰=自分オンリー
モテてる人はそこに気が付いて自分を直したかどうかです。

  
ここがわからない人にテクニックを教えても無駄にするでしょう。

  
そもそも表面だけの理解しかしないので、そこに人の気持ちという要素を無視した使い方をするからです。

  
男に「幸せにしろ」という人はたくさんいても、
「アタシが本気で幸せにしてやる」という気概を持ってる人は少ないわけです。

  
クレクレ星人=モテない
ここに気がつかないで自分は変えないで、もらえるのを待ってるだけ。

  
そうしてくれれて喜ぶのは一部の本質知ってる人たち。

  
わかってる人にすれば、そういう人たちは自分の狙ったいい男をクレクレ星人は
落とせるわけがないので気にもしないわけです。

  
「このレベルの男なら相手にしないってわかってるから」と余裕。

  
自分を改めず、出会いという場に期待だけして、結果出なければ文句言う人たちの集合体。

  
これが実際の婚活組の現状です。

  
「モテるわけねえよ!」(ハリセンボンの春菜風)
自分がそういう状態であることをまず認めませんw
気付かない目線でいくらがんばっても出会うわけもないです。

  
そしていずれ婚活の期間だけ長くなっても
「いい男はいない」とゴネてるわけです。

  
(自分棚に上げてるだけだろw)
出会いの質=自分の質
ここがわかってない人は自分を変えてない人です。

  
男が悪いで済ます人ばかり。

  
気付いた人はどうなりますか?
→ライバルにもならせず一蹴できる
こういう差ができます。

  
これが恋愛の世界の実情でもあります。

  
自分の周りにある法則をわかってない人、わかろうとしない人が取り残されるのです。

  
本質的なことに反論する人ほど、自分のヘリクツで言い訳してるだけに過ぎません。

  
(じゃあ、なんで結果出てないの?ってツッコんでみると またヘリクツ言います)
男が悪いんじゃない。

  
自分を変えたら結果出る。

  
こういう目線になってますか?

-モテない女の特徴
-

© 2020 女性向け恋愛講座 モテ子プロジェクト