恋愛に役に立つお勧め本

モテる女になれる秘訣満載の「7つの習慣」

もしドラが流行ったことがありましたが、その元ネタになった人物がいます。

  
マネージメントの大御所ピーター・ドラッカーという人ですが、
彼はこんな言葉を残しています。

  
「仕事の人間関係でトラブルを起こすのは常に人に関心がない人物だ」
あなたの周りにもいませんか?
仕事がやたらできない人。

  
やる仕事の先にいる人のことを考えてないので常におかしなやり方をする人いませんか?
同じ職場の人達が「もうマジ勘弁してよ!」とストレスになっているはずです。

  
このドラッカーの言葉は恋愛でも同じです。

  
「古今東西、モテない女は自分にしか興味がない」
美人でもモテない
美人じゃないけど、モテモテ
決定的な差を生む根本は「人に誠実な関心を寄せているか?」という点です。

  
人間として理解しようとして関心を寄せて相手のことを知り、
相手の喜ぶことを考えられるかどうかです。

  
普段から自分の目線が、「自分にとってどういう得があるんだろう?」という態度をしています。

  
単純に言っちゃえば、自分が「いい思いをしたいので、させてよ」っていう態度なわけです。

  
女性ってそういうところで値踏みしたりするわけです。

  
男は見てるわけです。

  
「性格が悪い女は嫌い」
「めんどくさい女は嫌い」
この言葉の本質は
「オレ自身にちゃんと関心を持っているか?」
という部分を見ているわけです。

  
ギブミーオンリーのギブミー女は最初の段階でいい男ほど切っていきます。

  
モテるいい男は女の気持ちがまるでわからない人間ですか?
気持ちがわかるからこそモテているのです。

  
イケメンでもナルシストのオレ様ではモテません。

  

美人でもナルシストの女王様はモテません。

  

「他人へ誠実な関心を持って接する」
ということはかなり奥が深いです。

  
私自身が人間関係を作るときには必ず実行しています。

  
仕事上でもプライベートでも円滑に進んでいきます。

  
仲良くなって遊びに行く人が結構多いです。

  
相手の関心事を知り、それについて常に聞くようにしています。

  
単純に「関心事を知って、それについて聞けばいい」という短絡な解釈では
全くうまくいきません。

  
相手への敬意を持って、接するということを忘れて、
自分の利益だけを得るために使えば、当然逆効果です。

  
見返りを求めず、関心を寄せると言っていいでしょう。

  
モテない女になっている人で恋愛関係以外の人間関係から、
これを実行してる人間はゼロです。

  
モテない男も然りです。

  
モテない女もモテない男も自分にしか興味がないです。

  
だから、モテないw
テクニックでどうたらこうたらでうまくいかないのは
「他人に対する誠実な関心を寄せることを常日頃からやっているか?」
という土台の差があります。

  
このあたりのことをはベストセラー本の「7つの習慣」にも載っています。

  
詳しいことは本をチェックしてみるといいと思います。

  
私が安易なテクニックを推奨しないのはテクニックそのものだけでは
人に愛されるどころか逆に嫌われることが多いという理由があるからです。

  
うかつに自分の利益のためにほめたり、関心を持って聞いてるフリをする人がいますが、
あとでバレたときに人間性に不信感を持たれてしまいます。

  
こうなると取り返しがつきません。

  
恋愛がうまくいかない
付き合ってるのに冷たくなってきた
全然愛してもらえない
そういう人は自分にばかりで相手のことを見ていないことが少なくないのです。

  
自分の満足ばかりを押し付けて、相手を無視してるも同じことをしています。

  
やらかしてることに気がつくかどうかは7つの習慣を読むとわかります。

  
結構分厚くて内容が多いので最初はマンガ版をざっくり読んでから、原作を読むのがわかりやすいと思います。

  

原作の方はこちら

-恋愛に役に立つお勧め本
-,

Copyright© 女性向け恋愛講座 モテ子プロジェクト , 2020 All Rights Reserved.