愛される女の思考

意中の彼と人間関係が深まる効果的な方法

人間関係を作り、深めることについてです。

 

会う頻度?

話をする頻度?

一緒に何かをする頻度?

 

これらも確かに人間関係を深まることにはつながります。

 

それがどの程度、相手に深く関わるかや内容にもよります。

 

会う頻度が多くても、話をする頻度が多くても上っ面で踏み込めてないと

深まっているとは言えません。

 

ここが難しいところです。

 

人間関係が深まる効果的な方法は1つあります。

 

それは

 

「相手が言わない痛みを知ること」

です。

 

痛みと言われても想像しづらいかもしれません。

 

心の痛みとでも言えばいいでしょうか。

 

人は生きてる限り、普段の振る舞いや人物像からは想像もつかない痛みを抱えてたりします。

 

その痛みを見つけ、持っていることを理解できるか?

 

これが大きなカギです。

ちょっと例を出します。

 

私の女友達にとてもグラマラスでセクシーなのでモテる子がいます。

 

言い寄って来る男は少なからずいます。

 

言い寄って来る男の中には当然「体目当て」なだけのやつもいるわけです。

こういうのは彼女にしてみれば、「人」としてではなく、

セックスの道具みたいに思われてることが慣れがあっても嫌なものです。

 

過去には本気で好きだった人が振り向いたと思ったら、

ただ体目当てだったという経験もしました。

 

それでかなり落ち込んで深く傷ついてから、しばらく立ち直れないでいました。

 

その心の傷は完全に消えるものではありません。

 

彼女は女友達の前では口には出しませんが、

 

「私という人間をちゃんと見て欲しい。」

「体目当てじゃなく、私を1人の人間として愛して欲しい」

 

そういう思いがあると打ち明けてくれました。

 

過去に起きたことは変えられませんが、

その痛みを抱えてきたことをちゃんと理解した上で、思ってくれる人がいたらならば?

 

本人はうれしいと言います。

 

では、男性側は?

 

私の周りは起業してる人もいます。

お金持ってる人もいます。

 

彼らはお金目当ての扱いを受けたこともあります。

 

金銭目当てで媚を売られてるととても人として扱われてる気がしません。

 

「人として否定された気持ちになる」

 

と言います。

 

いくらかわいい子に言い寄られても、その手のことが目当てな女は必ずいます。

 

「おれ=お財布じゃない」

 

稼いでる人は努力もして、いろんなしたかったことをを犠牲にして頑張ってきた人です。

 

お金だけを見て、言い寄って来られると人間として否定された気分です。

 

人として否定された気分というのはやっぱり気持ちいいものじゃないです。

 

悔しいし、腹も立ちます。

 

努力してがんばってるのに惨めな気持ちになります。

 

これは一例ですが、多かれ少なかれ、人は何かしらの痛みを持っているものです。

 

その痛みは人前では語られることはありません。

 

だからこそ、人間関係を作る上で相手のことを知る必要があります。

 

そこから、人前では言わない痛みを感じ取ることが重要になってきます。

 

ほとんどの人は自分にとって都合のいい相手の姿しか見ません。

 

都合のいい姿ばかり見せてほしいと願います。

 

それでは「そこいら」のその他大勢と同じです。

 

「自分のことを本当に理解してくれるのはこの人しかいない」

 

というふうに思ってもらうには「痛み」を知ることなのです。

 

その「痛み」まで見て、わかってくれる人は少ないから、かけがえがないわけです。

 

痛みから考えれば、相手への接し方がわかってきます。

 

自分の利益ばかり考えてる「ギブミー女」が痛みを増やしてるのです。

 

いい女になるなら、逆をすればいいわけです。

 

相手の痛みを知る。

 

モテるいい男が相手にしたときに他の女子がライバルでなくなる大きなポイントです。

 

-愛される女の思考
-, ,

Copyright© 女性向け恋愛講座 モテ子プロジェクト , 2020 All Rights Reserved.